ホーム>交通事故>解決事例一覧>該当なしから異議申し立てにより後遺障害認定を獲得した事例



該当なしから異議申し立てにより後遺障害認定を獲得した事例

事故態様停車中、後続車両が追突したことによる玉突事故
自動車/自動車
相談者40代
男性
会社員
争点10日月に渡る治療をもっても後遺障害の自覚症状があったが、事前認定では後遺障害と認定されていなかった。 異議申し立てで後遺障害の認定を受け、適正な賠償を得ることを目的とした。
方針事故直後から事前認定までの間にMRI撮影を受けていなかったので、新たにMRIを撮影し、専門医に画像鑑定を依頼。その結果をふまえて、詳細な意見書を付して異議申し立てを行った。
これにより異議申し立てが通り、後遺障害として14級の認定を受けた。
結果後遺障害14級を前提に、赤本基準の賠償を得るために紛セに申し立て、慰謝料、逸失利益についてもあっせん委員から十分な提示があり、和解が成立。
コメント画像鑑定の結果と通院及び後遺障害診断書の記載の内容がうまく適合し、異議申し立てにあたって適切な意見書を書くことができました。
事故当初から主治医にきちんと症状を訴え、しっかりと治療を受けることが、後遺障害の認定にも役に立つことを示した事例でもあります。